2016年6月29日より、Evernoteの価格プランが値上げとなりました。
変更内容を調べましたので、紹介します。

変更内容

無料のベーシックの端末制限

制限なし⇒2台までに変更になりました。

パソコンとスマートフォンで使うと、それで2台になります。
無料プランで使われていた方は、厳しい変更内容です。

なお、WebブラウザでのEvernoteの利用は、台数の制限対象外となります。
どうしても無料版で3台以上の端末から利用したい場合は、Webブラウザで利用すると良いです。

有料アカウントは1.5倍値上げ

Evernoteプラスは、月額240円⇒月額360円。
年払いの場合、2,000円⇒3,100円。
Evernoteプレミアムは、月額450円⇒月額600円。
年払いの場合、4000円⇒5200円。

値上げ幅を見ると、Evernoteプレミアムの年払いだけが値上げ率が低い事が分かります。
お得感が1番高いです。
プラミアムへ利用して欲しいのかなと思いました。

Evernote更新は、8月15日から適用

新規に有料プランにする場合は、既に値上げになっています。

現在、有料会員の方は、8月15日から新料金が適用になります。

Amazonや、ソースネクストで、Evernoteプレミアムパック3年分が安く売られていましたが、7月1日に確認すると全て売り切れでした。
1年分では、ソースネクストで税込3974円で、購入出来ます。

Evernote本家での支払い更新は、更新日より前にする事は出来ませんでした。
よって、現時点ではソースネクストでEvernoteのプレミアムパックの1年分を購入し、更新期間を伸ばすのが安く出来る方法となります。
購入するとEvernoteのアクティベートコードが発行されるので、Evernoteのサイトで入力します。

その後、Evernoteアカウントのメールアドレスを入力します。
Evernoteのポイントが獲得できるので、ポイントを使い使用期限を購入する流れになります。

まとめ

Evernoteが手放せない方、多いのではないでしょうか。
私はセミナーの資料や名刺、仕事の情報など、Evernoteに入れるようにしており、無いと困る神アプリです。

少しでもお得にお得に更新したい場合は、今のうちに更新する事をお勧めします。♪