こんにちは。「ノマどる」です。
Windowsのパソコンを2台持っている方に、便利なガジェットの紹介です。

この商品を使えば以下の事が出来ます。

  • マウスとキーボードを共有できる
  • ⇒マウスをディアルモニターのようにPC間で行き来出来ます。

  • クリップボードを共有できる
  • PC間でファイルコピーが出来る
  • ⇒ドラッグ&ドロップやコピー&ペーストでコピー出来ます。

ソフトはインストール不要で使えます

商品をUSBに挿すと「CDドライブ」として認識し、接続ソフトが起動します。
ソフトは、インストール不要で使えます。
私は、Windows8.1⇔Windows10のPCで使用しています。
WindowsXP SP3以降であれば、2台のPCでOSのバージョンが異なっても使えます。

無料ソフトでも出来るけど・・・

無料ソフトで出来るよバーカと思った方・・・(/ω\)
「ノマどる」も上記を買う前は無料ソフトを使っていました。

愛用していたのはMicrosoftの「Mouse Without Borders」です。
同じLAN内にいるパソコンにソフトをインストールして、マウスやキーボードを共有します。
ファイルのコピーも出来る優れもので、機能は同じ事が出来ます。

しかーし!使わなくなった理由は、Windowsのファイアウォールの定義更新で突如、使えなくなったためです。
ファイアウォールの設定を変えれば良いのですが、設定をどう変えれば良いか少し調べたけど分からずでした。
アプリなら、アプリ起動時にファイアウォールの使用を許可すればOKですが、ネットワーク系はプロトコルや特定のポートを許可しないといけない場合があり厄介です。

話は少しそれますが、Brotherのスキャナのwifi取り込みが同じく突如使えなくなりました。
ネットで調べてUDPプロトコルの「54925」ポートの接続を許可にしてようやく復活!
何て面倒なんだ!|д゚)
「Mouse Without Borders」を使うためのファイアウォールの設定が分からなかったので、USB接続のものにしようと思い、上記の商品を購入しました。

導入して良かったのは、USB接続なので、同じLAN内にいなくてもOKという事です。
フリーメールを取る時にIPアドレスを変更して取る場合があり、そんな時でもUSB接続なので、もう1台のPCを操作出来ます♪

ディアルモニターでも使えます

説明書にディアルモニターには未対応と書いてありますが、ホストコンピュータがディアルモニターの場合は問題なく使えます。
サブマシンがディアルモニターの場合には、メインモニターまでしかマウスカーソルが移動しないです。

ホストコンピューター、サブコンピュータはどうやって分けるかというと、写真のようにUSB接続部がUSBメモリのようになっている方がホストコンピュータになります。

まとめ

無料ソフトで問題なく使えている方は、無料ソフトでも良いと思います。
ファイアウォールの設定で動かなくなった場合に購入を検討するのが良いです。

価格は1,954円(2017年7月14日現在)と安いですし、何よりファイアウォールの更新で使えなくなる事がないためストレスから解放されます。w

1台のPCでマウスやキーボードが共有出来ますし、ファイルのコピーも出来ます。
確実に作業効率が上がるので、2台のWindowsパソコンを持っている方はお勧めアイテムです。