こんにちは。「ノマどる」です。

コスパ最強との呼び声が高いASUSのX205TAが手に入り、3日使ってみたのでレビューします♪
X205TAは近々ドナドナします(嫁に出します)。(/ω\)

簡単なスペックと値段を紹介します。
11.6インチモニターWindows10搭載のノートパソコンです。
ハードディスク(正確にはeMMCです)は32GB、メモリ2GBです。
バッテリー駆動時間は12.8時間、USB2.0x2ポート、SDカードリーダー、MicroHDMI、CPUはAtom Z3735Fです。
注意点は、液晶はタッチパネル未対応です

Amazonで29,980円(2016/07/14現在)で売られています。

コスパ最高で、しかも軽い

この軽さを見てください!
11.6インチで970g、そして3万円を切る値段です。
「Macbook Air 11.6 MJVM2J」は、11.6インチで1.08kg、9万4千円前後です。
Macbookと比べるとオシャレでは負けますが、軽さとコストパフォーマンスはX205TAの圧勝です。

X205TA

所有しているT90chiの725gと持ち比べると、不思議な事にX205TAの方が軽く感じました。
手に持った時のバランス、大きさに対する軽さで錯覚するのかもしれません。

充電アダプタも重さを計ってみました。
130gです。軽いですが本体と一緒に持ち歩くと1kg超えちゃいます。(/ω\)
100~240V入力に対応しているので、コンセントの変換アダプタをダイソー等で買えば海外でも使えます。

充電アダプタの重さ

32GBのmicroSDカードが付属しています。お得♪
X205TAに挿しっぱなしにして、Dドライブとして使用できます♪

SDメモリカード

私は前から欲しかったパソコンなので、普段使いどうだろうと色々試しました。

電車で乗った時の使用感を試すべく、「ひらくPCバッグmini」の上にX205TAを置いてみました。
横幅がはみ出るだろうと思ったら、はみ出ませんでした。
X205TAの横幅は28.6cm、奥行は19.3cmです。
思ったよりコンパクトです。

ひらくPCバッグminiの上に置いた所

動きもサクサクで、Web作成やネットサーフィンやYoutubeを見る等では特に不満は感じませんでした。
Windowsの設定を変えたりショートカットを覚えたりすれば、さらに快適に使えます。

不満点

3日だけですが使ってみて感じた不満点を書きます。

USBが手前にあり使いにくい

写真のように手前にUSBポートが2つあります。
その場所はマウスを置く場所です・・・。
USBメモリや有線のマウスを使う場合は、マウスを離して使わないといけないです。
何故、奥の位置にしなかったんでしょう。
Bluetoothのマウスを使いUSBを頻繁に使わない人は、気にしなくても良いかもしれません。

X205TAのUSB

モニター奥の出っ張りがカバンを傷つけそう

写真のように小さな突起が左右に1つづつあります。
モニターを開きすぎないようにするストッパーかと思ったら違っていました。
何の目的でしょう?
カバンにケースなしで直にいれると、カバンを傷つけそうです。

ストッパーの出っ張り

まとめ

多少の不満点はありますが、3万円を切る価格で1kgを切る軽さ、外出用のノートパソコンとしてはコスパ最強です。

私は外出時、モニターが8.9インチのT90chiを使っているので、11.6インチの大きさは使ってみると「いいなぁ」と惹かれます。
X205TAがUSB充電出来れば、買い替えていたと思います。
トラックパッドは非常に使いやすいです。スクロールは指2本スワイプで行えるので快適です。
外出先ではマウスがなくてもストレスは感じなかったです。

スマホにタブレットにノートPC、気付けばASUS製品が家にたくさんあります。
メーカーにこだわりはないですが、コスパを考えたらASUS製品になります。

軽くて画面の大きいノートパソコンが、こんなに安く買える時代が来るとは・・・、末恐ろしいです。(‘Д’)