月替わりセールに、節税に関する本がありましたので紹介します。
資本金1億円以内の会社を対象とした本で48個の節税テクニックが紹介されています。
節税は会社を経営する上で、知っておいた方が良い知識です。
節税の方法を学んで、節税したお金を再投資しましょう!

節税のキホン
起業5年目までに知らないと損する 節税のキホン
山口 真導(著)
価格:599円63%OFF 20%ポイント還元セール
★★★★*4件のレビュー
2016/7/15現在の情報です

節税には、売上の何倍もの財務的インパクトがあるのです。本書で、その方法をすべて公開します!

税理士に相談するスキルが求められます

国税庁の平成24年度のデータによると、法人の9割は税理士に税務をお願いしています

税理士は節税のスペシャリストで丸投げすれば節税してくれると思っていると痛い目を見ます。
私の経験も交えてお話すると、税理士が積極的に節税についてアドバイスしてくれる事はありません
相談して初めて意見を言ったり対応して頂けます。
相談しないと必要なアドバイスを受けられないという事です。
従って節税に関する知識を勉強し、税理士に的確に相談するスキルが求められます

紹介した本では、「税率を下げる」「益金を減らす・遅らせる」「損金を増やす・早める」の3つを基本として節税に関する考えや知識が学べます。
法人保険を使った節税方法の考え方など、本質を理解していなかったと思う事が読んでいた多々ありました。
法人化されている方、非常に勉強になる良書です。