こんにちは「ノマどる」です。

テレビで活躍するメンタリストDaiGoの、ライティングの本を読み終えたので紹介します。
ライティングの本の中でも1番というぐらい読みやすかったです。
アフィリエイターやブロガーなどライティングを本業にされている方にぜひ読んで頂きたい本です。

人を操る禁断の文章術
人を操る禁断の文章術
メンタリストDaiGo(著)
価格:1,361円10%OFF 20%ポイント還元セール
★★★★*46件のレビュー
2016/7/17現在の情報です

メンタリズムの得意とする「人心掌握」「大衆煽動」のエッセンスを文章に応用し、読み手の心を自在に操る「メンタリズム文章術」を大公開。

メンタリストDaiGoさん一時期テレビに良く出られていました。
最近では「ババ抜き対決」をしているのをテレビで見ました。
読心術を使いトランプのババの位置を言い当てる姿、相手の心理を解説する神業に驚かされます。
Youtubeで動画が見れますので、ぜひ神業をご覧ください。

メンタリストDaigoさんは、ライティングとは無関係と思っていましたが本を読んで、読心術・心理学と通じる部分が多々あるなと思いました。

本の一部を抜粋します。

  • 言葉を目にする事で、人は想像をし始めます。これこそ文章の持っている力なのです。
  • 文章のたった1つの目的、それは「今すぐ人を行動させること」
  • 7つのトリガーだけで相手は動く
  • 高確率で不動産を買う気にさせる方法
  • 上司を思うままに操るには、この方法が一番

私は仕事柄ライティングの本を積極的に読む様にしています。
本によっては学問的で難しく、読むのを縦断してしまう本もあります。
その中で、メンタリストDaigoさんの本は非常に読みやすかったです。

「読み手の心理や状況を徹底的に考察して、刺さる文章を書く」事の大切さや実例を数多く紹介されています。
ライティングとしては王道ですが、その大切さを再認識できる本です。
日常の生活や仕事の中で使えるテクニックも紹介されており、読んですぐに役立ちます。
打合せや飲み会の御礼メールは、この本で読んだことを実践しています♪
味気ない定型文のようなメールから、感謝の気持ちが伝わるような書き方に変われました。(^^

ページボリュームは多くないので、すぐに読めます。
続編をぜひ出して欲しいと思うぐらい良かったです。
定期的に読み返したい本の1つになりました。